特殊業界

土木・建築業界の今後について

土木・建築業界の今後について書いていきます。土木・建築業界は、現在求人数が非常に増加しています。これはアベノミクス影響が非常に大きいです。景気が回復したことによる求人数が伸びたのです。しかも、これは年齢が非常に幅広いのです。求人をみてみると、20代から50代の求人が多いのです。そのため、自身の年齢と経験を重ねるごとに人材ニーズが高まっていくという、この業界独特の特徴があります。これは転職活動をしていると、非常に参考になる情報です。35歳転職限界説というものがありますが、この業界に関しては、それは当てはまりません。また、資格取得者を優遇する傾向があるので、転職活動中の人で資格所持者は、積極的にアピールすることをお勧めします。

注意すべき点について

この業界においては、他の一部の業界にある特徴のように、非常に慢性的な人手不足が挙げられます。これはどうしてかというと、復旧公示の対応に要因があります。つまり、2011年に東日本大震災が発生しました。このときから、震災や災害などの復旧工事のニーズが非常に高まりました。そうした対応をするのに、人材が非常に不足しているのです。そのため、この課題を解決するためにも、各企業は人材確保に注力しています。転職活動をしている人は、積極的に転職活動をするのも重要ですが、ここで注意が必要です。各企業は、他の職種からの配置転換を積極的に行っているので、転勤が多くなっています。そのため、単身赴任や全国転勤の可能性があるので、そのあたりは注意が必要です。